about SUPER AUDIO CD
日本語/ENGLISH
Security
スーパーオーディオCDのコンテンツ保護のための5つの方法
防御方法1
既存のパソコンに接続されたディスクドライブは、スーパーオーディオCDのデータを読み込むことができません。
防御方法2
仮にスーパーオーディオCDのデータをコピーしたとしても、そのデータは暗号化されているため、そのまま使うことができません。
防御方法3
スーパーオーディオCDのスクランブル化は、ディスクごとに異なるので、ハッキングしても他に流用はできません。
防御方法4
スクランブルの詳細は決して明らかにされることはありません。
防御方法5
営利目的での違法コピーや模造に対して、より高度な技術による保護方法を採用しています。
これらの方法は違法コピーに対し、異なるプロテクト方法を採用しています。互いに依存しないこれらのプロテクト方法の意味するところは、仮に1つの方法が破られても、他の方法が違法コピーからコンテンツを保護するということです。
スーパーオーディCDのコンテンツ保護技術
インビジブルウォーターマーク
インビジブルウォーターマークは、またPSP-PDM (Pit Signal Processing-Physical Disc Mark)とも呼ばれています。PSP-PDMは、レコーダブルなディスクへの書き込みが非常に難しくなっており、スーパーオーディオCDのライセンスを受けた機器のみがそれをマスタリングできます。またPSP-PDMは、再生コントロールにも使われています(それがなくては、スーパーオーディオCDは再生できません)。更に、コンテンツアクセスコントロールにも使われています(スクランブル解除キーの一部がPSP-PDMの中に隠されています)。
コンテンツアクセスコントロール
DSDのコンテンツは、スーパーオーディオCD独自の暗号でスクランブル化されており、その暗号アルゴリズムは、同期ストリーム暗号です。スーパーオーディオCDの、スクランブルを解くためには2つのキーが必要です。
1. PSP-PDM:ディスクに隠されたキー
2.初期値:スーパーオーディオCDプレーヤーの内部のICに隠されたキー
これらのキーの値は1つのICの中だけで使われ、その値は決してICの外部から見ることは出来ません。
スーパーオーディオCDマーク:ディスクアクセスコントロール
スーパーオーディオCDマークは、ディスク再生に不可欠なパラメーターのいくつかを隠しています。ドライブは、コンテンツの読み込み開始前に、この情報を必要とします。従って、規格に対応していないドライブは、スーパーオーディオCDからデータを読みとることはできません。
再生コントロール
コンテンツの再生は、PSP-PDMが検知された時のみ、可能となります。PSP-PDMをレコーダブルディスクに書き込むことは極めて困難です。これは、ディスクがオリジナルかどうかを示す優れたマークです。
Technique
PAGE TOP